Jan,05 2017 今生

あのドラマの中の名言

「泣いても一生、笑うても一生、ならば今生泣くまいぞ」

一生は一生だよ、だったら、今生、思うがままに生きる。
でも、現実には思うままになど、なりはしない。
それでも、やれる中で、やり尽くせる限りで。

波と天気と混み具合等で、波乗りへの向かい方が少し違ってくる。

平日、その中でも空いているところを好むぐらいだから、待って、来た波だけ乗るってのがいい。
でも、時には負けん気出して、乗る。

"今生"ここ最近の和田、「プロなら普通に2~3アクション」などと書いたが、Hirotoプロのことで、QSをフォローしているだけのことはある、線の細い割にパワフルなサーフィンをする。

で、逆立ちしようがなんだろうが絶対に敵わないのは解っているが、エアーは別としてリエントリーなんかは"あんな風に"っとテンションが上がる。

「プロに敵うわけが無い」
そうなんだけど、そう言っちゃおしまい。
ターンの深さ・膝の入り具合に返しの速さとか、見よう見まねで向こうを張ろうとする。

時には、そんなテンションも良いものさ。

どんな向き合い方、やり方だろうが、一番愉しんだもの勝ち。一番うまいやつじゃない、愉しんだもん勝ち。


本質と本性 S T O K E

>