Jun,12 2019 3連敗

何がって
U-20のRound of 16での負け
自分の支部予選の負け
なでしこの負けに等しいドロー
悪いけどJFAは何やっても中途半端だよな、韓国はベストメンバー組んでFinalまで行ったからね、日本だったらあの小野達を擁したゴールデンエイジと同じだよ。ブラジルメディアからはC代表、「コパを舐めてる」って言われるくらいのメンバーのコパなんかにもってくなら、やっぱU-20にもう少し力入れた方が良かった。
久保や安部がいれば斉藤・田川の離脱があっても韓国に負けなかったんじゃって思うよ。アンダー世代って言ってもセミまで行けばプラス3試合ガチのゲームができたわけで、女子のアンダーと違ってワールドクラスの選手も出てるところで3試合経験できるってのは大きいよね。欧州クラブの青田買いする場でもあったから尚更、勝ち進む事で色んな面で広がるものはあった。
コパは招集できない選手がいるのは百も承知、でもさ、せめて出せるベストメンバーで行くのが呼ばれた事に対する礼でもあるでしょ、また呼んでもらうためのパイプとしてもね。何より国の代表として勝ちに行って負けるなら負ける事に意味も出てくるけど、経験積ますって目的で負けてもたいした意味は為さないだろ。
見てるほうとしてはしては、中盤なら中島・香川(故障らしいが)・乾って並びを見たかったしね。
東京世代はトゥーロンでよかったわけだしさ、まぁトゥーロンは行ってるメンバーでセミまで行ったからたいしたもんで、これはこれで選手層が厚くなりそうだから結果オーライだけど、相応・適材適所って必要でしょ。
コパは何がどう通じなかった・足りなかったとか解らないほどボコられそうじゃん。経験積ますって目的で行くのは、キリンカップにブラジル来てくれたけど観光ついでに練習につきあってくれたくらいのもんだろ。

目先の大人の事情ばっかじゃ未来はないぞ。

でさ、ここでの本題は「負けに等しいドロー」のなでしこ。
4-1-4-1というよりべた引きの5-4-1に見えたアルゼンチン相手にアタッキングサードからは何もさせてもらえなかった。足元はあってもフィジカルで全然上回る相手がべた引きされたらどっか崩さないと決定機なんてそうそう作れない。
横山が強引に突っ込んでいってたけど横山一人を責められないよな、オフザボールの動きが乏しくて周りで一枚でも二枚でも剥がす(おびきよせる)動きとかしてないもの、引っ掛けられてフリーキックでも貰えればってなるわな。FK貰っても宮間がいないから得点機としてはイマイチ(だから田中(陽)とかも考えるんだがな、くどいが就任以来呼びもしてないからな)だけど、機会=怖さを少しでも何かしら植えつけられたかも。
けっこうハーフコートゲームみたいな画も多かったけど、CBが前に運んでも結局鮫に渡す流れは長谷川との間を抑えれば済むわけで格下も何もない。熊と南からボランチにって展開にならないのは「外へ追いやる」って守りの基本を助けてるようなもので、せめて後半頭からボランチ一枚は宇津木に変えるべきだった。特に後半は熊がセンターライン超えるかくらいまで運んで、そこからビルドアップしていってもアタッキングサードの枚数が2~3枚でボランチやサイドバックが前を追い越す動きも無かった。
そして予想通りなでしこ基準じゃ高くても世界基準じゃ高く無い=大差無いとなる菅澤のポストはダメだった。

だから今更だけどせめて後半は山下-鮫・南・熊・清水-宇津木・杉田-長谷川・岩渕・中島-横山。三浦と宇津木、菅澤と岩渕をそれぞれ変える。使えるなら杉田と坂口も変える。
俺なら有吉と永里と川澄とスタンボー呼んでるからスタメン:スタンボー-鮫・南・熊・清水-宇津木・杉田-長谷川・中島-横山・永里の4-4-2で入る。初戦だけどGKは暇そうだから慣らすためにスタンボー。バックラインは後半途中までに点が入らなければ清水と有吉を変える感じ。長谷川のマークはきついかもしれないが、宇津木がいれば上手く散らせる筈。杉田がけっこうダメなら坂口にチェンジしてアンカーの脇も狙わせる。中島は若手じゃないがWC初出場、経験値もそうだけど色々併せて点を取りに行くならここ川澄に変える。もし前述の4-4-2で点が入らなければスタンボー-鮫・南・熊・(有吉)-宇津木・杉田-長谷川・(岩渕)・(川澄)-永里の4-2-3-1にする。三浦の方が出来はよかったが杉田を残すのは、個人的な期待値からだけど、この先輩方が周りにいればもう少し出来は良かっただろ。

ちょっと妄想に走ったが、現実問題次のスコットランド戦はイングランドとの相性の悪さを考えると決勝に等しい。
今現実にフランスにいるメンバーでスタメン組むと・・・イングランド戦でのスコットランドは4-5-1(FIFAのLINE-UPじゃ4-2-3-1なんか4-1-4-1か判らん)だったし、上背含めてフィジカルでは圧倒的に負けるから、山下-鮫・南・熊・清水-宇津木・坂口-長谷川・岩渕・中島-横山、中盤を5枚にして厚みを持たせる。1トップはポストができるって考えると横山ではないかもしれないが、菅澤では足りないし何気に横山はフィジカル(なでしこの中では)強い方だし少しは持てるところもあるから横山で。全体をコンパクトにして良い距離感でポゼッションできれば良し。

フォーメーションありきでは無いが、中盤厚いほうが良い意味でのポゼッションし易そうだから、気持ち良くサッカーできれば2-0くらいでは勝てそうな気がする。

踏んだり蹴ったり なんじゃこりゃ

>