usually

Sep,17 2019 usually

usually SURF+(SURF PLUS)-
外房には徐々に日常が戻ってきている台風直後の9日午後の東浪見、13日の片貝とsurf reportは既報、今日17日の部原・御宿も普通に書いたが、このサイトのsurf reportの主義として波と入ってどうだったかといった事以外は書いていない。
今日を含め何れも被害を受けた建造物は見られるものの、複電していて海近くの定食屋さんなんかは営業してた。印象的だったのは13日の片貝近辺で、コンビには営業していなかったが閑散とした県道に営業中の食事処が不思議な感じだった。今日勝浦のコンビニには普通に商品が並んでいて街中も普段の勝浦と感じたが、外房の波概況から考える御宿・勝浦のサーファーの少なさは自ら粛清してる方が少なくないであろう事に気づかされる。でも、言い方は悪いかもしれないが、人の気持ちが災害の深度をより深くしているとも感じた。
被害を伝える事は大事だが、今回の様に被害の差が大きくかつまだらに広がっている千葉で、なんでも一緒くたにするのは違和感を感じる。日常が戻った地域で普通に営業しているお店や企業だってあるのだから、そういった事も伝えないと不謹慎狩りを基にしたある種の風評被害も発生しかねないのではないだろうか。

個人的には2代遡れば館山・富浦・富山で、幼少の頃から縁があり今でも千倉も含めて親戚が生活しているし、一年の半分はお世話になる南房総や鴨川には波乗りで知り合った方達が生活しているので、普通にできる自分が申し訳無く思う部分もある。
けれど電気は運べないし昨日も南房総には避難勧告が出ていた。復旧作業のために全国から来ていただいている方がいるところに外部の者が入るのは憚れる。
やれることは限られるかもしれないが、自ら粛清して何もしないよりは普通に仕事をして、休みには日常が戻ったエリアから波に乗らせてもらって、旨いものを喰うなり、駐車場を利用するなりして小さいことでも経済の血流が止まらないようにできればと思う。

どう思うか・考えるかは人それぞれ、やっぱり押し付けないし、信じて疑わない。

千歳の駐車場停めさせてもらって波乗りして千倉でラーメン、愉しみにしてます。

経世済民 敗残