Jan,21 2024 狂って着

狂って着は昔競馬新聞にあった、超大穴というか掲示板に載ることすら奇跡みたいな馬の寸評だ。
森保はこのタイプか、少し違うけど表現としてはしっくり来る。

前回のアジアカップ、セミで難敵イランに快勝したがカタールに良いところなく負けて2位、ドイツに勝ってコスタリカに負けてスペインに勝つ、これも多分同じ道理だろ。

単発の試合でならこの一年で良い戦いができるし欧州や南米の中堅どころなら伍せるようになった。だが突然狂って道理から外れる、だからタイトルを獲れない、それが森保。

メンバー発表の時点でGK3人が代表としてはズブだったことで不安が過ぎったが、遠藤-富安のラインがあればGKの負担は大きくはならないなどと勘違いをした。多分勘違いというより俺自身の不安を払拭させるための理屈によるこじつけだったのだろう。


公式戦は個々人の成長を促すところではない。


ベトナム戦のメンバーは有りだ、戦い方に問題はあったがそこから修正すればよかったが、イラク戦で守備陣は同じメンバーで修正がなかった。
菅原の調子を問う声もあるが、高い位置を取ることは何れ諸刃の剣、彼をだけを責めることは出来ない。


南野はサイドでは機能しない。


左から南野-久保-伊東、というか先発メンバー聞いた時点でおかしい、拙いと思った。メンバー的には二列目がこの3人で、久保にしろ南野にしろ左をやらすのは良さを殺すからだ。

これは中を縦パスで崩すことをメインにするなら影響は大きくないが、左は伊藤-南野となるのであれば、イラクとしては久保の居る右から真ん中あたりを潰せばよい、ピッチを縦に3分割するとイラクから見た右1/3はノーケアで、伊東と菅原の連携を潰し高い位置を取る菅原の裏を狙うだけでよかった。


二列目に南野と久保が居るなら、香車が伊東のみなら1トップはポストが出来る(一番マシ)上田しかない。


浅野はファーストディフェンダーとしての役も担えず、もちろんポストなんざムリ。まだ前田の追廻でイラクDFに圧が掛かれば中盤を飛ばすサッカーにもプレッシャーがあったかも知れない。

浅野は足元で欲しくて動かないからボランチにしろ久保にしろ出しどころがないし、逆に後ろから日本が放り込むにも放り込めない状況になった。南野も足元で受けてというタイプだが、伊藤-南野のラインも久保との横関係も切れてしまっていてはボールが来ない。伊東の良さを生かすなら、菅原はもう少し低い位置から遠藤ともども伊東に速いパスを預けるくらいの方が良かった。


前半は南野が消えていて10人でやってるようなもの、イラクにしてみれば森保が修正してこないからおまけの2点目まで入った、恐らく望外の点だろ。
右1/3を緩くできる分左に圧を掛けられる、DFがボールを持つと自由に前に放り込める、サッカーの事故と言われる得点は得てしてそんな放り込みから混戦などで生まれるが、そこに経験の浅いGKしか居なければ事故率は上がる。ベトナム戦では2点ともセットプレーからだが、起きるべくして起きた失点だ。


本来、前半20分までにシュートゼロという時点で左から伊東-南野-久保へと修正すべきもの。ここが森保の限界点でもある、練習でもやったことの無いような組み合わせやちぐはぐな起用で選手のよさを潰す。
後半この形にして少しずつ形が出来てきた、がそんな時間に久保と堂安を入れ替え、浅野を上田に変えてまた停滞させた。久保のパサーとしての資質を考えれば上田。堂安は中に切れ込んでいくアタッカーで上田の様なタイプより道を作ってくれるタイプの方が良いからなら動けるのなら浅野のままでも(DFを混乱させる意味で)良かったかな。良かったといのは語弊、浅野を上田に変えて左から伊東-南野-久保でよかった。

その後伊東を前田に変えるという謎采配、前田も左では得意の追廻もはまらない。合わないピースをぶち込んでもどうにもならない、足の停まったイラクから1点は奪えたが前半に修正せず与えた2点目が致命傷となり痛い負けを喫した。


森保ではアジアですら優勝できない。


よく戦術家ではないがモチベーターだとか言われるが、森保の言う通りに動く選手が居るとチームがギクシャクする。南野は左で使われてモチベーションどうだ?モチベーターならそんな使い方しない。

そもそも、監督とは戦術はもちろんモチベーションを上げる役割も必須。誰にしろ森保の言うとおりに縛られていてはダメだと気付いているだろ、召集の少ない選手以外は。

Jから呼んだメンバーは皆召集回数が少ないから森保の言いなり、田中碧や鎌田が呼ばれないとか意味不明、イマイチ評価が低いがボランチでふっと前に居てゴールを決めるのは彼独特で遠藤が横に居ればこそだが昨年・一昨年と呼んでいた選手を落としてJから呼ぶのは驕りでしかない。

大きなタイトル、そしてその向こうにはWCでのポッド1もかかることを考えれば、26人全員がベストである必要がある。南野と久保がカードや負傷で共に出られないとなったらせめて鎌田がいれば・・・となる。GKが3人要るのと似た理屈。

みな森保の驕りと猿知恵により良さを消されて、優勝できない。確かに2期目森保の下で進化も深化もしたが、こうした大会で勝てない(WCならクロアチアに勝って8強以上)のは森保によるところが大きい。

故に狂って着しかありえん。

進化と深化 論が立たずまた勉強しない森保