続・撮られる側

Sep,16 2020 続・撮られる側

続・撮られる側 SURF+-
さて、今回波チェック中の友人が入っている自分を見つけて撮ってくれていた写真から自分なりダメだしをと戯れてみた。

続・撮られる側 SURF+-
上の写真はテイクオフから速いとこを少しトリミングしてアクション仕掛けるボトムターンに入ったところ。流れの入ったブレイクはちょっと乗り難しく、カールのチョイ先のトップでスナップして少し戻しながらその先肩が張るのを待つって考え。最初にトリムして抜けちゃったので縦にリエントリーするにはちょいと難しいという判断。

続・撮られる側 SURF+-目線は変わらずカールのチョイ先だが、この時点で見ているところがよれてきている。ここらで波の変化に気付かないというか予想ができていないところが後に下手を打つことに。

続・撮られる側 SURF+-勢い、大体ボトムターンに入った時点で思ったところに運べてきているが、思ったよりフェイスが立ってきていない。

続・撮られる側 SURF+-ようやくフェイスが思ったより立たないと感じ、スナップするよりターンで捌くって考え始める。で、ちょっと突っ立っちゃってる、カーヴィングするにはその動作に入るのが遅い、自分のスキルでは。
しかし言い訳じゃないが前のコマよりカール部分で見ると波のサイズが下がってる=トロくなってちゃんと割れそうにない、早く気付けばね。

続・撮られる側 SURF+-波の力を利用したトップアクションのつもりがイマイチパワーの無いところだったので無理やりトップターンに入る。サイズに反して存外パワーゾーンの狭いブレイク、こういった波で上手くやりくりするにはスキルも予想する能力も足らない。

続・撮られる側 SURF+-ターンの最中だが、よれた上の段でターンしている。これその少し下でやらないとスムーズには運べない。ターン自体がレールを使わずテールで無理やり回すしかないってのもいただけないなぁ。

続・撮られる側 SURF+-ターンしてノーズが陸を向いたがこの時点で失速。多分サイズなりに押しのある波ならここから前に出るのだろうが、フェイスの上になっちゃってるから置いてかれる。無理やりテールで返したところで波の押しにありついてないからバランスを崩しかけて前の手が波側へ、後ろ手が背中側へと振れてる。メイクできたとしてもあまり格好は良くないな。

続・撮られる側 SURF+-何とか踏ん張って板の上に体を残したが、波の力任せ。

続・撮られる側 SURF+-よれた下の段が崩れ、その上に置いてかれてるからこの時点で置いてかれるのは予想済み。

続・撮られる側 SURF+-はい、置いてかれています。流れの入ったちょっと難しい波だが、それならそれなりの予想、乗り方をすべき。尤もスキルが高ければトップへ上がる最中にスっとカーヴィングに移行できただろうから、まずはそこらへんかな。

続・撮られる側 SURF+-もう板の多くは波の裏側、まぁ仕方ありません。

続・撮られる側 SURF+-別の波で。テイクオフからちょいとよれて速いと感じた所をトリムして抜けてボトムへ下りたところ。
こうやって見ると肩が張ってるように見えるが、だるいセクションと思ってる。目線はカーヴィングしてって所を見てる。しかしファーストブレイクのわさっと崩れるセクションにリエントリーしに行けないのが問題なのだが。。。

続・撮られる側 SURF+-ボトムターンに入ったところ。ノーズは陸を向いてる、目線は波の中腹あたりを見てる。前のシークエンスの反省でないが、ここでトップに見えるところは意外とそうでなくてもう少し下でちょうど良いくらい。

続・撮られる側 SURF+-ほぼ横向き、見てるのはチョイ先のリップが落ちてきそうに見えるところの中腹くらい。この時点であまりスピードには乗っていない。少し流し気味のカーヴから戻って肩の出るであろうインサイド寄りのセクションでリエントリーとか考えてる。

続・撮られる側 SURF+-軽く波側を向いた辺りでレールを抜いて見てたところへ向かってフェイスを上がる。手がグー握ってないのは力んでないから。そこは良し。

続・撮られる側 SURF+-カーヴに入るところ。

続・撮られる側 SURF+-チョイ先の崩れそうなところはここまでであれしか崩れてないからある意味正解。前見てるここでの目線はなんだ?

続・撮られる側 SURF+-ここではカーヴして下りるあたりに目線がいった。スピードイマイチ乗れてなくてスプレーが飛んでない。

続・撮られる側 SURF+-カールに当てるってのも一瞬考えて少し押し込んではいるが結局無難に下りる方を選択、下りるあたりを見てる。

続・撮られる側 SURF+-カーヴを終えてレール抜いてボトムへ下りるってところ。目線は下り次に行きたいあたりを見てる。

続・撮られる側 SURF+-結局ダラついたブレイクで、ここは自分のスキルでは流すカーヴで正解、戻り気味に下りているが次のボトムターンに入る準備、少し波側のレールが入ってるがリエントリーに繋がるボトムターンをって考えてる。スピードと戻りの深さが無いのがダメだが、まぁここはこれで仕方ないかな。次はもう少し大きく深く行きたいものです。

Long vacation こんな時期

>