Jul,10 2011 Nadeshiko break through great Germany

イングランド戦での敗戦を受け、このままでは勝てないと書いてしまったが、選手・監督はじめスタッフの努力等々により見事な勝利を収めた。


本当、素晴らしいゲームでの勝利、ただただ頭が下がります。


イングランド戦やニュージーランド戦で見せた体格差への対処は運動量で補い、ポゼッションを高める事で相手に攻めさせないというなでしこ本来のサッカーを高めた上に120分やり遂げた。イングランド戦では高いポゼッションも持たされてるだけだったが、ドイツ戦では攻守の為のポゼッションとすることが出来た。
懸念されたメンタリティーもこのゲームまでにはリフレッシュ出来ていたようで、なでしこのベストゲームと言って過言でないでしょう。丸山のゴールには涙出ました。


次はスェーデンとのsemi final。過去world cupでは五分の戦績ですが、五輪などを入れると負け越してます。スキル・テクニックはドイツより劣るかも知れませんが、体格差はドイツより大きいのでここでも厳しい戦いを強いられると思いますが、強い気持ちを持ってなでしこらしいサッカーを、なでしこがなでしこでさえあれば、道は開けるでしょう。次も応援します、それにしても地上波でやらないのは本当に何とかして欲しいものです。

Nadeshiko lost valuable match Nadeshiko to final in high spirits

>