Feb,06 2012 U-23の憂鬱

昨日のシリア戦は見事な負けっぷりで、最近の代表戦では考えられない位見たことを後悔した。
遠めに見れば全体の繋がりを欠き、個を見ればミスが目立つ内容。
ここまで下手か?いや、何かがいつもと大きく違う、前へという力が無い。アウエーだけに、負けなければ大きくロンドンへ近付くのだが、全体にへっぴり腰なサッカーを展開し自滅した。
確かに決勝点となったロングシュートは晴天の霹靂といえるかも知れないが、それを生み出した流れ・展開はほぼ日本側のものだろう。攻め続けたシリアと何処か守りに入っていた日本、この差があの決勝点を生んだ。


さて、これで総得点差で2位に落ちた。言うほどきつくはないと思うが、残り2戦は大量点が必用なので大津はもとより、点の取れるメンバーを集めたいところではある。
だが、果たしてどうか。シリア戦だって清武の故障と大津をクラブが出してくれなかったから窮したのだが、この程度想定できなかっただろうか。
大津を出してくれる確証を得るどころか、出さない可能性だって低くは無かった筈。清武の怪我も厳しいゲームになるのであればゲーム中にも考えられるわけで、シリアにとどめを差す意味ではここを万全に迎えなければいけなかったのだから、これは明らかに協会のボーンヘッドではないだろうか。これからはどれだけ点を取れるかにかかるので、残りの招集メンバーは四の五の言わず海外組だろうが呼んで欲しい、五輪出場を逃すのは痛い。


右上のVは香川のいるドルトムント・サポーターのものだ、日本とはサッカーにおける文化・歴史が違うといえばそうなのだろうが、凄い。
この中でやるんだ、押される選手は成長する筈。恐らく本番でも香川はA代表専念で呼ばれないと個人的には思うのだが、ここにいる同世代の香川とは何枚もの違い、プロとアマの違いくらいに差を感じてしまうのだから、現状は憂鬱な最終予選だ。


今後、全体の展開上だが、グループ内で一番力の劣るマレーシアと戦える日本の方が並びとしては有利で、やや難物のバーレーンをシリアが破れば日本はマレーシアに負けさえしなければ2位以内が確定するので、バーレーンの最終戦である日本戦はバーレーン側からすれば消化試合になるから与し易い。
この想定に倣って切符をすんなり手に入れてくれる事を切に願う。

usual as unusual 醒めた魔法

>