Apr,21 2006 サーファーズイヤー手術 後遺症と過誤5

先週・・・風邪で失敗、しかし今日海へ戻る予定を立てていた。


が、風邪明けの一昨日、時間と共に少しずつ聞こえ方が悪くなって来ていた。
鼓膜穿孔時同様の聞こえ方。


俄かには信じられず、耳管機能が悪化したからだと思うようにしていたが、どう考えても鼓膜穿孔の聞こえ方なので予定を変更して耳鼻科へ行って来た。
3月に穿孔をかぶすように貼られたキチン膜は代謝と共に大分外耳入り口の方へ移動していたが、それを取ってチェック、最初は穿孔は無いと言われたが、念のためと拡大鏡か何かで視診したところごく小さいが穿孔が見つかった。


塞がりきっていなかった可能性も無くは無いそうだが、聞こえ方からすれば塞がって再度穿孔が生じたとしか思えない。
前回と違い風邪の時も強く鼻をかんだりしないよう気を付けていたし、その前日の診察では変わらず鼓膜に異常は無しと言われていた。


穿孔の処置をしておよそ6週弱だから通常であればちょうど完治するくらいだが、2週経過位から鼓膜は張ったと言う医師もいた。今回は順調に回復していたようだが中間風邪をひいた影響が若干はあったにせよ強度不足であったのでは?
問題だよ、念を入れて海我慢して穿孔再発、海が遠のく・・・。
ちょっとショックだよ。
元の原因であると考えられる耳管機能不全、ストレスの解消と代謝のアップなどで回復・軽快が見込めるのだが医師にもそういった見地から波乗りは勧められている、しかしスタート地点に立てない状態だ。
これじゃ悪循環だ。


とりあえず、海への復帰は延期。
落ちていても仕方ないよな・・・、耳管機能を診てもらっている先生には以前言われた鼓膜再生の簡単な手術と言うと大袈裟だが処置法があるそうなので週明け月曜にお願いした。かなり実績のある処置法だそうだ。
とりあえずその前処置として、硝酸銀という薬液を鼓膜穿孔周辺に塗ってもらった。
前回鼓膜パッチを貼ってもらったのは三井記念病院だが、穿孔が塞がっていないのが見つかったのはこちらの病院でその時にも塗ってもらっていたが、鼓膜の再生を促す効果が有るそうで実際塗ってもらった方が鼓膜の張りは良かった。
以後も経過観察で診察を受けるがある程度張った時点で相談してOKなら耳栓して復帰しようと思う。


耳栓すれば波乗りできるだけまだましだと考えた。


鼓膜の問題は振り返れば手術以後ずっと有ったように考えられる。今回綺麗に治ってもドルフィンやワイプアウトで負担がかかるとまた悪化するかもしれないから、いずれにせよ耳栓はした方が良い。
でも耳栓は超苦手(x_x)
どうも耳栓すると平衡感覚が鈍るというか、視野も狭くなる感じ。耳管機能が回復しない今は耳閉感が普段からある上に耳栓で倍増だからさらに辛い。
耳栓して普通に波乗りできる人が羨ましいと思うが「慣れ」と口をそろえて言う。
鼓膜の問題が片付くのがベストだが時間がかかるかもしれないから、耳栓慣れる方が早いかもしれない。鼓膜穿孔の治癒は最重要だが悪循環を断ち切る意味で海戻る事も重要だ。


もう少し辛抱、絶対戻る。

サーファーズイヤー手術 後遺症と過誤4 サーファーズイヤー手術 後遺症と過誤6

>